各科のご案内

各科のご案内

内科も外科も対応します。
できるかぎり迅速に、かつ根拠に基づいた的確な診断と治療を心掛けております。
より専門的な治療が必要な場合には近隣の高次医療施設とも積極的にコンタクトをとり、患者さんとご家族にとって最良の医療を提示して参ります。
心身について気になることは何でもご相談ください。

内科

小児から高齢者まで、内科はすべての基本です。
一般的な急性期の疾患(かぜ症状、発熱、頭痛など)の治療から、慢性疾患「高血圧症」「高コレステロール血症」「糖尿病」といった生活習慣病の治療・管理も継続的に行います。
認知症、循環器、呼吸器、内分泌、膠原病なども内科の中で診療しております。
内科はまた、どの科にかかったらよいかわからない場合の最初の窓口でもあります。
各部位の痛み、不快症状、心身の不調など、まずはお気軽にご相談ください。

消化器科

食道、胃腸、十二指腸、肝臓、胆のう、膵臓、腸などの病気を診ます。
ヘリコバクターピロリ菌の診断・除菌治療も行います。
胸やけ、腹痛、吐き気、嘔吐、食欲低下、下痢や便秘などの便通異常、吐血、血便などの症状がある時は、一度ご相談ください。
必要に応じて、内視鏡、超音波診断装置、CTなどを駆使して診断にあたります。

外科(一般外科・消化器外科)

日常の様々な外傷(様々な傷、火傷、打撲、捻挫、単純骨折など)、膿瘍、腫瘤など、外科的処置が必要な症状に対応します。
小手術は外来にて行い、当日帰宅していただくことができます。
手術や処置後の状態により、休診日にもガーゼ交換を行い、早期治癒を促します。

整形外科

首、肩、腰、膝、手足等の痛みや不快症状、骨粗しょう症などに対応します。
投薬、理学療法、ブロック注射、トリガーポイント注射等の治療を行います。

リハビリテーション科

整形外科や脳神経外科の疾患で、痛み、機能障害のある患者様に理学療法機器を用いて機能の回復、痛みの軽減に当たっております。
首、肩、背中、腰、手足、膝などに症状がある方は気軽にお越し下さい。各機器の施術だけでもお受けいただけます。

泌尿器科

他人には相談しにくい病気が多い診療科ですが、意外と多くの方が悩んでいらっしゃり、受診されては安心されています。
中高年以降の男性では、排尿障害(前立腺肥大症など)の患者さんが多く、まず薬物療法にて治療を行っており、よい成果を得ております。
また女性の尿漏れ症状についても、薬物療法を行っております。
性感染症(クラミジア・淋病・梅毒等)のデリケートなお悩みも診療しております。
男性の性的な悩み(インポテンツ:ED)については「バイアグラ」「シアリス」を処方しておりますので、ご相談下さい(EDは自費診療となりますので、健康保険証のご提示は不要です)
いずれも、受付時に話し難い場合は、問診票に『泌尿器科希望』と記載いただき、診察時に医師にお話しください。
当院は泌尿器科も診察室を区別しておりませんので、他人に泌尿器科受診と知られることはありません。
*泌尿器疾患の診断のため、通常、尿検査を行いますので、診察前の排尿はされませんようお願いいたします。

肛門科

痔(肛門の痔痛、腫れ、出血)、痔ろう、肛門周辺膿瘍などでお困りの方は、お気軽にご相談下さい。
年齢、性別問わず意外と多くの方が悩んでいらっしゃいます。

小児科

熱、咳、鼻、喉、腹痛、下痢、湿疹、など小児疾患全般に対応します。

脳神経外科

頭痛、目まい、脳梗塞、脳出血、脳血管障害、脳腫瘍など、色々な症状・疾患に対応します。
当院ではCTなどを駆使して診療に当たっており、重症例や緊急性のある場合は大学病院の救命救急センター(ICU)、脳外科と迅速な連携を取っております。
第一と第三の木曜日18:30~19:30は、藤田保健衛生大学病院 脳神経外科医師の外来もあります(手術等により休診の場合があります)

禁煙外来

社会的に禁煙が叫ばれる中、タバコを止めたくても止められない方がいらっしゃいます。
禁煙は自分ひとりではなかなか達成できないものなのです。
当院ではそういったお気持ちも理解しつつ、喫煙歴をきちんと把握した上で、禁煙補助薬の処方、治療の経過を見守ります。
禁煙中の症状(離脱症状)が起きた時にはいつでもご相談ください。
禁煙できるようサポートしますので一緒にがんばりましょう。
条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療ができます。